Voice

お客様事例

株式会社デジタルクリエーション / 取締役

清水 潔 様

“受講中に学んだことを活かしてLPのファーストビューとCTAの位置を変えたところ、CVRが3~4%上がりました。サイト制作に付加価値を付けて価値を高めていきたいです。”

DMU受講前に抱えていた課題

WEBサイトをただ作るだけでは会社の将来性として不安がありましたので、WEBサイトに付加価値をつけて将来性のあるサービスを作りたいと考えていました。


自分含め多くのWEB制作者が知っていることは手法や施策レベルであり、マーケティングの根本をきちんと学びたいと思いました。


手法だけ知っていても使えないですし、状況に合わせて適切な手法を選べるようにしたいと思っていました。

DMUの受講を決めた理由・決め手

デジタルマーケティングを学べるところを調べていたらDMUのLPを発見しました。手法を教えてくれるところはたくさんありますが、マーケティングの基礎を体系的に教えてくれるのはDMUしかなかったです。少人数で他の受講されている方と一緒に学べるというのもよかったです。

DMUブートキャンプで一番学びの多かった講義テーマ

広告の打ち方や手法も学びたいと最初は思っていましたが、講義を受けて広告運用の自動化の話などを聞いて、愕然としました。人間が考えないといけないところに時間を使おうと決めました。あとは機械に任せます。


また、自分の中で感動したのはセグメントを「切る」とかターゲットを「絞る」という言葉のチョイスでした。これは意味を知って改めて言葉のチョイスに納得しました。


顧客心理を中心としたマーケティングを学ぶことによって、顧客、売りたい商品、売り方など、一本の線で繋がるようになりました。顧客理解がしっかりしていないと結局手戻りが発生するので、ここが大事だと改めて感じました。

DMU受講後の成果や変化

受講中に学んだことを実際に制作しているLPやバナーで活かしたところ、CVRが上がりました。LPのファーストビューとCTAの位置を変えて目立たせたところ、CVRが3~4%上がりました。


顧客のベネフィットをファーストビューにしっかり盛り込んで、キャッチコピーも変えました。講義で学んだようにマーケティング心理を利用したコピーに変えたことも良かったのだと思います。

DMUの学びを活かして今後実現したいこと

デジタルマーケティングの基本を学んだので、これに+αとして自分にしかできない付加価値をつけていきたいです。自分の場合は制作ができるので、それを掛け合わせて価値を高めていきたいです。

マーケティングの基本がしっかり勉強できたので、自分が今知っている手法の活かし方もわかりましたし、もうひと工夫で施策の幅も広げていけると感じています。


デジタルだけでなくオフライン(チラシ、パンフレットなど)でも有効に使っていくという考えで視野が広がった気がしています。


今回学んだことを制作にも活かして成果の上がるサイトにし、付加価値をつけて単価を上げていきたいと思っています。そして成果を出すことでお客様と長く付き合っていきたいです。


shimizu.jpg

DMUに今後期待すること

コミュニティが欲しいです。(卒業生の集いとか。)

また、デジタルマーケティングの教育を通じて様々な企業でマーケティングの意識が高まればと思っています。