Voice

お客様事例

株式会社スパホスピタリティー/株式会社サンリツ  本部

長山 早月 様

“顧客データの一元管理を行いグループ全体でマーケティング戦略を考えていきたいです。”

DMU受講前に抱えていた課題

私の場合は「マーケティングって何?」というところからスタートしました。


超が付くほどの初心者が、たった3ヶ月でどこまでできるのだろうか?そもそも付いていけるのだろうか…。と不安でした。


社内でも漠然とマーケティングを取り入れないといけない、ということは考えていたものの、具体的に何をすれば良いのかがわからない状態でした。


そんな時に弊社の社長からDMU講座の話を聞いて受講することを決めました。

DMUの受講を決めた理由・決め手

Salesforce導入にあたってZENofficeさんに支援していただいていたこともあり、安心だと思って申し込みました。

実際に学んで自分がどれくらいできるようになるのかは正直不安もありましたが、参加してみることにしました。

DMUブートキャンプで一番学びの多かった講義テーマ

初回の講義に参加した時、最初のグループがレベルの高い方が多くてディスカッション自体慣れていなかった私は気後れする感じでした。


初回でこれだとこの先もっと高度なテーマになっていったらまずいな…と思いました。


2回目の講義のプロモーションとユーザビリティのテーマでは、周りのメンバーがどんどんマーケター視点になっていく中、自分はいつまでもユーザー(というより自分視点)でしか見えていませんでした。


これは「企業が求めるお客様像になりきって考えてみる」という話ではなく、単純に「自分のまま」だったのです。


それってただの感想なんですよね。そうではなく、企業目線、マーケター目線、顧客目線、それぞれの視点で見た時にどうなのか?ということが徐々に考えられるようになりました。

苦労した点と工夫したこと

対面での営業の場合、お客様と1対1で対話するため、お客様がどう思っているのか、どんなことを求めているのか、など自然に考えることができています。


しかし、マーケティングの場合は相手が大勢いるということになります。

その場合にどうすればいいのかがわからなかったです。


すべてのお客様に満足してほしいという想いが強すぎて、結局誰にも響かない状態になってしまっていました。


お客様が弊社のWEBサイトを見た時にどんな想いを持って行動をとるのだろうか。というところまで今まで深く想像できていなかったのですが、講義を受けて多くの気付きがありました。


nagayama.jpg

DMU受講後の成果や変化

本部スタッフは他の事業部から見て何をやっているのかわかりにくいと思うのですが、データをもとに説明ができるようになり、とても伝わりやすくなったと思います。


これまで、「この店舗はこのようなお客様が多いため、この施策が良いだろう」とか

経験則だけで戦略を立てることが多かったのですが、今後はお客様をもっと理解するためにアンケートなども取っていこうと思っています。


肌感覚では上手くいっていると思っていた時でも実際の数字を見てみるとギャップが大きく、改めて定量的に見ることの大切さを実感しました。

DMUの学びを活かして今後実現したいこと

顧客データの一元管理を行いグループ全体でマーケティング戦略を考えていきたいです。今後アプリも作っていきたいと思っています。


美容室のように簡単にサロンの予約ができて、サロンだけでなく弊社のスクールやホテルなどの受講、利用履歴など全部一つのシステムで見ることができる仕組みを作りたいです。


ポイントカードシステムも早く導入できたら良いなと思っています。これまでバラバラに貯めていたものをグループ全体のポイントとして貯めてもらえるように管理をしていきたいと考えています。

そうすることで、ロイヤルカスタマーの方にも喜んでいただけるサービスを提供しやすくなります。


また、営業の目標数値などもSalesforceを活用して管理したいと思っています。各店舗の予算や達成率、個人別売上実績などのデータをリアルタイムで簡単に確認できるようにダッシュボード化したいです。

DMUに今後期待することやメッセージ

講座を受講して楽しかったです!受講前は、子供もいるし土曜日に講義を受けるのはちょっと、、、と正直思っていました。


けど、毎回自分の中で積み上がっているものがあると実感できていました。


「全く理解できなかった」と思ったことが1度もなかったです。

帰る時には満足した状態でした。それに少人数のクラスだったので他の皆さんとも休憩中に色々お話しできて良かったです。

普段一人で仕事をしていることが多いので、色んな業界の話を聞けたことが良かったです。


今後、前回スケジュールが合わなかったDMUナイトにも参加してみたいです。