TOP > DMU卒業生のインタビュー > DMU卒業生インタビュー 株式会社エンライズコーポレーション / CMO 當麻 優様

2019.08.20

Voice.12

name

株式会社エンライズコーポレーション / CMO 當麻 優様

“見込みで立てた数値と施策が、実際に予算を投下してやってみたらどの程度計画通りにいくものなのか楽しみです。”

INTERVIEW

DMU受講前に抱えていた課題

デジタルマーケティングに関して、WEBや書籍で知識は得ていましたが、体系的に学んでいたわけではないのでSEOや広告など単独の手法になっていました。そのため、どのプロセスで活用すれば良いか判断できないというのが課題でした。無料テキストを読んだり、説明会への参加をして、DMUは自分の課題にうまくはまると思いました。

DMUの受講を決めた理由・決め手

説明会の内容とテキストを見て、自分の課題解決に繋がりそうでしたので受講を決めました。

DMUブートキャンプで一番学びの多かった講義テーマ

全体的に役立つ内容ばかりでしたが、中でもデータベースとGoogleAnalyticsの講義が良かったです。デジタルマーケティングを進めていくにあたって、「データ」の扱いが重要です。これをいかに上手く整理して抽出できるかが大事だと改めて実感しました。

また、戦略を立てる際にロジックツリーをベースに考えるようにする方法を学び、良いなと思いました。実際にそれをベースに、どのように数字を上げるかを考えました。まずは現状のデータを見て実情を整理した上で、改善すべき指標を考えられたので、施策設計においても役に立ちました。

それと、戦略の起点となるペルソナとカスタマージャーニーの重要性をより強く認識するようになりましたね。

苦労した点と工夫したこと

ペルソナを考えるところで苦戦しました。ペルソナ像が多岐に渡るため、1to1のメッセージというよりも、まずは何割かの人に共感をうませる訴求ができれば良いのでは?と考えました。例えば、弊社の場合、人材紹介のサービスで多いのが留学生です。

留学したものの、スキルアップに悩んで帰ってきた方のエピソードなど共感されやすいと思います。

DMU受講後の成果や変化

サービスの構築から入ってしまう傾向があり、「誰に売るのか」というのを疎かにしていましたが、重要ということに改めて気づきました。また、これまで持っていたSEOや広告等、点在していた知識が一つに繋がり、売上のロジックツリーを使ってどこからやるべきかを見極めることができました。

また、DMUは知識を与えてくれたのはもちろんですが、学びを共有できるメンバーがいるので、デジタルマーケティングのコミュニティとしても魅力的でした。

DMUの学びを活かして今後実現したいこと

全てを同時に実行するのは難しいですが、優先順位が見えるようになりました。見込みで立てた数値と施策が、実際に予算を投下してやってみたらどの程度計画通りにいくものなのか、今後が楽しみですし、他のサービスにも展開していきたいですね。サイトリニューアルの際などにも学んだことを活かしていきたいです。

DMUに今後期待することやメッセージ

ありがとうございました。知りたかったことを教えていただきましたし、今後も継続的に勉強していけたらと思いますし、長く関わりを持っていけたら良いなと思います。


toma.jpg

一覧に戻る